[PR]3
24

6月29日 「審判の日」

(Natureの報復措置で、俺のパーソナルデータは全ネットワーク上に公開されることになるだろう。
 だが、それは都合がいいことなのかもしれない。このデータができるだけ多くの者に読まれることを望む)

 目の前に小さな空き瓶が転がっている。見慣れた小瓶だ。慢性の不眠症に悩まされている俺の常備薬がそこに入っていた。
 俺は致死量の睡眠薬を飲んで、これを書いている。会社を回復不能の危機に追いやってしまった責任を取ろうと思ったわけではない。俺は絶望してしまったのだ。
 ほんの数日前まで、俺は誰よりも長く生きていたいと思っていた。だが、いまは一刻も早くこの重圧から逃れたい。数々の事件とそこで得たものが俺を変えてしまった。「無敵因子」など考案するべきではなかったのだ。そうすれば、なにも知らないまま幸せに生きてゆけたはずなのに……。
 いまにして思えば、「無敵因子」のアイディアは「授かり物」でもなんでもなかった。それは、単なる分析に過ぎない。俺はIWの中に最強の生物をシミュレートして、その力を自分の手柄にしたかっただけなのだ。
 扱いきれなくて当然だ。この生物はあまりに強大過ぎた。俺の手に余るほどに……。こんなちっぽけな頭脳では太刀打ちできないほどに……。

 昨夜になって、会社のコンピュータはすべてブレークダウンした。基本システムはもちろん、蓄積されていたあらゆるデータはこれで失われたことだろう。
 四日前にIWが崩壊したとき「V」はThe Natureの中に逃げ込んだが、今回、俺は細心の注意を払って「V」の逃げ場を封鎖した。Natureにつながるすべての接続を切り、囲い込むように「火」をつけたのだ。Creatureに生き残る術はない。唯一の可能性があるとすれば俺の端末に潜むことだが、もちろんそのチェックも怠っていない。やつらの痕跡はなにも残っていなかった。俺は「V」の掃滅に成功したのだ。
 ……最後の戦いの中で、一つだけ学び取ったことがある。「V」は変化を恐れない。だが、その一方で、やつらは自らが培ってきたものを捨てようとはしないという面も持っていたのだ。
 その矛盾する二つの考え方を「V」に内包させているのは「世代」という言葉で表される概念なのかもしれない。個々の寿命よりもはるかに短いスパンで急激に進化してゆく「V」たちは、革新と保守の意識が種の中で両立し、バランスを取って生きているのだろう。定常状態を望みながらも変化に強いという特質は、そんなところに由来していたとも考えられる。
 まったく、なんと不自然な生き物なのだろう。「無敵因子」は俺の予想以上に強力な武器だった。「相対的な価値観」……、単なる「数の概念」を与えただけで、ここまで恐ろしい怪物が生まれてしまうものなのか? だとすれば……。

 ……頭が重い。どうやら、薬が回ってきたようだ。時計を見ると、三十五分ほど気を失っていたらしい。
 薬のせいで声もまともに出せなくなってしまった。手動での入力に切り替える。

 眠ったような意識の中で、一つの疑問がわいた。なぜ、「V」たちはNatureを支配しようとしたのだろう。いや、それ以前に、「V’」なき後、なぜやつらはIWを改造しようと思ったのか……。
 たんなる領土の拡大とは考えにくい。「V」たちは、確たる目的もなしに生活環境を変えたりはしないのだ。そうした方が得だと考えるだけの指針はどこにあったのだろう? あるいは、そうしなければならないと判断するだけの材料が、どこかにあったのだろうか? もう「敵」などいないはずなのに……。
 「V」の特徴の中に、その「答え」が見つかるだろうか? 敵を探しているのだろうか? あるいは戦おうとしているのか? あるいは……。

 ……いや……、まさか……?

 俺はいま、恐ろしい想像をしている。「V」は逃げようと、あるいは隠れようとしていたのではないか? この俺の目を逃れるために、あれだけのことをやってのけたということは考えられないだろうか?
 「V」はわれわれを認識したのか? 俺はたしかにやつらを全滅させた。だが、もし、やつらの隠遁能力が、俺の目を欺くほどだとすれば……。いつの日にかわれわれを上回る力をつけたとき、やつらは……。
 ……これが、俺の杞憂であることを望む。もう、俺にはなにをする時間もない……のだ。

 目の前が揺れて、モニターの光がやけにまぶしい。まぶたの重さはかつて経験したことがないほどだ。濁ったような眠気が俺を包んでいる。いよいよ、おれは死ぬのだろうか?
 死は怖くない。「無敵因子」と「V」によって与えられた絶望は、死の恐怖を麻痺させるほどに深かった……。
 俺は「神」になりたかったのだろうか? 神は己の姿に似せて人をつくったという。だが、彼らは神など必要としていなかったのかもしれない。
 「Lost Children」たちの言葉が頭の中でこだまする。
「なぜに、神は人を見捨てたもうたか……」
 そうではないのだ。人は、かくのごとき方法で神をkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

>>>これ以降のファイルはありません



妄創倉庫